川越祭り

Home / Blog / 川越祭り

まず始めに・・・

10月20-21日10Styleは・・・土日なのに・・・お休みしてしまい、スイマセンでした!どうか、お許しください・・・。

(来年も川越祭りの日は休みますwwww)

 

私・・・仙波(実家のある町内)にいる時は「山車はあるけど、お祭りは参加しない」スタンスで(子どもの頃から関わっていなかった)いたのですが、年とともにですかね?息子がまだ小さい頃、2008年くらいだと思うのですが、息子と一緒に見に行ったりしている内に「なんか楽しそうだなぁ〜」と、憧れの視線で見始めました。


 

(2008年の川越祭り 息子8歳)

 

(2008年の川越祭り)

 

5年前に新富町で開業して「せっかくだから川越祭りにも」と思いながらも、綱の中に入るのってとても難しく・・・敷居が高い気がしていたんですけどね。最初の年は10Styleでスタッフと飲みながら時間を過ごして、小雨降る夜に祭りを見に行って、新富町の山車がそこにあって「いいから入りなさい!」と町内の方に綱の中に入るよう促され・・・アレアレ?と初の山車曳きになり・・・毎年楽しみで、10Styleスタッフみんなで毎年楽しませていただいております。

 

今年は初めて「朝から晩まで山車を曳く!」を目標にお仕事してまして・・・ソンナコンナで土日なのに休ませていただいた次第ですm(_ _)m

 

・・・2018年、平成最後の川越まつり・・・

今年は

21日土曜日は朝8:30〜3組のお客様をカットして、10:00〜祭りに参加してまいりました。

今年は・・・スタイリストの江野(3回目?)、野島(川越人なのに初参加)、オーナー天(毎年飲んだくれ)で、新富町1丁目の着物を身に纏って、山車の曳航に参加させていただきました。

 

シェービングスタッフの真澄は、プライベートが忙しく欠席でしたが、10Styleの男3人+オーナー天の息子”秀”(大学1年生)と、初めて親子で山車を曳く経験をさせていただきました。

(皆様に「ホントに息子?」とイジラレまくりまして、本人もネタとしておりましたwww)

 

今年、朝10時からの山車曳きに参加したかった理由は・・・

新富町1丁目の山車がクレモールを通る!今まで見たことがなかったので、是非、クレアモールの山車曳きから参加したかったのです!

 

連雀町との堺になる道(茜屋さんのある道)からクレアモールに入る新富町の山車!もーーーータマリマセン!道イッパイいっぱい!看板に当たってしまうのではないかと心配になる、曳航でした。当然・・・そのままクレアモールを進むと・・・

10Styleの看板と山車のコラボ(笑)。

一番・・・近付いたところで

おにーさん・・・じゃまやん・・・・・・・・・・・・・・・・・(かなり悲しかった)。

そのまま・・・クレアモールを、キムラ屋さんまで突き進む新富町の山車には圧巻でした。

蔵里前

いつも行ってる、ルーチェ前

街路灯に注意しながら進む、山車

看板スレスレで宰領も真剣!

興奮気味の・・・・野島(初参加)。

 

祭り中は、江野は綱元のキツイ仕事を頑張ってましたし、息子も珍しく大声で「そーーーれっ」と。

野島もマーマー声出してたかな?(頑張ってましたね)。

 

祭り中には、色々な方々からお声掛けいただき、とても嬉しかったです!お客様、仙波で曳く親友、大先輩・・・もう数え切れない方々と会うことができました!

写真撮ってない方々、スイマセン!

 

川越まつりと言ったらこの人!大先輩の吉岡さん(タマニハ持ち上げる)

いつもお世話になってる・・・コポリの染谷くん

同級生のオーちゃん(ヒゲ仕様)www

シゲちゃん!

息子友人達

ステキな写真を撮ってくれるセッキー

新富町の山車で仲良くしてくれる・・・五十嵐さん

親友であり、幼なじみであり、仙波の南城!

 

もう数え切れない方々とご挨拶させていただきました。

沿道からの「てんさーーーーーーーん」はとても嬉しかったです!思わず「そーれっ!」の声が大きくなってしまいました(笑)。

(祭りでは沿道の方々とお話しする時間がナカナカとれず、スイマセンです。声上げること頑張っていまして・・・お許しください)

 

 

植草さんが撮影してくれた、祭り中の私。コワイっす。来年からは笑顔で大声出します(笑)。

こんな笑顔なんですよ。ホントは(笑)。